◇◇◆エゾシカ肉処理施設認証制度


北海道は安全安心なエゾシカ肉の提供と販路拡大、ブランド化を図るため、エゾシカ肉処理施設を北海道が認証する制度を平成28年度から導入しました。その内容を見てみましょう。


「認証の要件」

(1)エゾシカ衛生処理マニュアル(平成18年10月北海道作成)を遵守。

(2)北海道HACCPで、評価段階A以上を取得。      

(3)出荷する製品について、書面上でトレーサビリティが可能。 


エゾシカ肉認証制度のロゴマーク
エゾシカ肉認証制度のロゴマーク

認証を受けた施設で生産されるエゾシカ肉及びその肉を使用した加工品には、ロゴマークを表示できる

(※事前に使用許諾を受ける必要あり)。

10月31日、当該制度で道が初公認した7施設が発表された。

・ユック(根室市)・ELEZO社(十勝管内豊頃町)・阿寒グリーンファーム(釧路市)

・サロベツベニソン(宗谷管内豊富町)・北海道食美楽(日高管内新    冠町)

・知床エゾシカファーム(オホーツク管内斜里町)・ジビエ工房(石狩管内当別町)   

                                           


 

H28.12.22

南富フーズ株式会社(空知郡南富良野町)・株式会社ドリームヒル・トムラウシ事業所(上川郡新得町)・株式会社上田精肉店エゾ鹿加工センター(上川郡新得町)・北の国ファーム(函館市)

 

H29.12.14

エゾ鹿活用処理施設(登別市)・池田町エゾシカ等解体加工処理施設((中川郡池田町)

 

 

関連ブログ

 

関連ブログ


                                                                北海道環境生活局エゾシカ対策課HPより