■あら!あら!丹頂鶴まで

18日朝のNHKテレビニュースでは、丹頂鶴が横断歩道を渡っている姿や牛舎に入り込んで、牛のエサを食べている姿が映し出され驚きました。しかも、交通事故も増えているといいます。

丹頂鶴は、人間が中々、出会えないからこそ神秘的、希少価値があるのです。野生動物と人間との間には、程々の距離があってこそ、共生できるのだと思います。全国で、鳥獣被害が増えている昨今、この問題を真剣に考えていかなければならないでしょう。