北海道でエゾシカ革命!

増えすぎたシカを恵みに変えて「北の文化」を創り出す!


「私たちの活動と取り組み」

 北海道は、豊かな自然と多様な生物が共存する、世界にも誇れる地域です。

  しかし、近年エゾシカの増加により、生態系バランスの変化や、農作物被害の増大などが言われています。

  私たちは、当面はエゾシカの増加を防ぎ、生態系の維持や農作物被害の減少のための取り組みを進めます。

 具体的には、先人であるアイ ヌの人たちの文化伝承なども学びながら①エゾシカ肉の消費拡大流通ルート

 の確立②エゾシカ革の有効活用などの取り組みです。       


「循環型社会の取り組みに向けて」

ただ、私たちの活動は将来的には単にエゾシカを害獣として敵視するのではなく、エゾシカを通して生物多様性の在り方や生態系バランスの維持に向けての取り組みが重要と考えています。

 それは、最終的には私たち人間の生き方にも繋がってきます。一人ひとりのライフスタイルの見直し環境にやさしい循環型社会の実現に向けて取り組むことがもっとも大事なことです。先人の知恵や、多くの皆さんの知恵を集め、豊かな自然と多様な生物が共存する世界にも誇れる北海道を守っていきましょう。         (星野 武志)


生物多様性札幌応援宣言に登録



現在(H27)の推定生息数は47万頭。  捕獲数は12.3万。  農業被害は46億円


最新情報


エゾシカ事情


あなたの声


シカ肉を楽しむ


諸法令


入会案内


シカ革を楽しむ


生物多様性


リンク集


シカ革講義


会員レポート


イベントご案内


シカ角を楽しむ


衝突事故保険


ブログ


活動記録


エゾシカ先進地情報


人獣共通感染症