北海道市町村マップ!「NPO法人 日本自治アカデミー」理事長 谷一之様からの贈り物


今年もまた、NPO法人「日本自治アカデミー」理事長の谷 一之様から、(公社)札幌消費者協会に北海道市町村マップを頂きました。 全道に179市町村があるといっても、何処にどんな市町村があるかとなるとそうそう簡単に言葉となっては出てきません。

また、市町村の名前を聞いても何処にあるのか一般の地図で調べるのも大変な作業です。

それらを一度に解決してくれるのが、このマップです。本当に便利!  市町村マップは4種類に色分けされ、それぞれ裏面が貴重な資料となっています。「面積・人口」、「特産品・観光スポット・北海道遺産」・「地名の由来など」。英語版もありますので北海道を訪れる外国からのお客様には、この上なく喜ばれる地図情報となるでしょう。日本地図の他にアジア、台湾と3種類の地図もセットされておりました。「北海道の子供たちを世界に羽ばたく人財に」という理事長さまの熱い思いから毎年、全道の3.4年生の小学生全員に配布されていると伺っております。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御礼状を差し上げたところ、以下のお便りが返信されてまいりました。

皆様に喜んでいただき大変嬉しく思います。今日は、ある道内の団体のみなさまが来庁されましたので、これらの各種マップをプレゼント致しました。子供たちの教材に使用していることをお伝えしましたら、とても驚いていられたのが印象的でした!

また、この9月から、北海道庁のロビーにて、これらのマップを配布しているところでして、多くの方々の目に触れることを期待するものです。それが、私たち「北海道」の郷土愛を育み、さらに、アピールの発信を高めていく機会が増えていくものと考えています。 

 エゾシカの件ですが、もしかすると、10月8日のライフォート会場にお邪魔できるかもしれません。まだ、確実なことは言えませんが、前日7日に、札幌グランドホテルにて、台湾の記念式典が入り、地元で緊急の用件が入らない限り、札幌に滞在する予定をしています。その際には、ライフォートに伺いたいと思います。 

 

前日の7日には、札幌グランドホテルにて、台湾建国105周年記念式典が開催され、500人を超える関係者が集うことになっております。

その際に、台湾国からの要請で、ACADEMYが制作した「台湾マップ」が、参加された皆さんに配布されることになりました。

一つ一つの活動が、多くの方々に、関心を抱いて頂けることは、大変励みになるところです。

追記: 

8月は、4つの台風が道内にも上陸し、多くの地域が被害を受けました。下川町では、その内、3つの台風が押し寄せましたが、被害は小規模なものでありました。しかし、改めて、自給率190%を超える北海道の農業生産の浮沈により、日本の農産物の物価指数が大きく変動することを認識したところです。私たちの「北海道」は、以前から、「食料基地」と呼ばれて久しいものがありますが、今後はさらに、「北海道」の存在感を確かなものにしていきたいものですね!消費者協会の活躍も、大いに期待したいと思います。