人生は甘いレモン色!With エゾシカ・バンブー茶


人生100年の旅は、健康という資源あっての長丁場。これを支えるアイテムにクマザサを原料とする「バンブー茶」を加えてみては如何だろう。笹はシカ達の命を支える重要な食料。餌の無い冬期間は雪の中から笹を掘り起こして食べる。


このお茶を最初に知ったのはネット広告。エゾシカと係わりがあることから、遊び心で買ってみたが、添付されてきた栄養成分表示に驚愕。茶葉100グラム当たり「蛋白質12.6g、脂質3.7g、炭水化物74.9g、カリウム1400mg、カルシウム170mg、亜鉛3.9mg、鉄8.2mg、マグネシウム95mg、食塩相当量0.01グラム未満(推定値)というもの。栄養分に不足なし。さすがはエゾシカ。天性の食料選択眼に狂いはない。


更にネットで調べてみると驚きの効能効果が続々と。その中でも、体内に溜まった老廃物を排出するデトックス効果には注目だ。老廃物を抱え込むのは万病の元。笹の持つ防腐効果が免疫力の向上に役立つことも見逃せない。



さて、イイコトだらけのクマザサ茶は自分でも作れる。此処は蝦夷地だ。郊外に足を延ばせば、笹は何処にでも自生している。無農薬・無添加の自然の恵みが道端にだってある。それを採取し、乾して、切って、お湯で飲むだけ。飲む前にオーブンでチョット焼いてもいいし、フライパンで炒ってもいい。香ばしさが部屋中に広がります。人生も時には野生の知恵に学びましょう。淡いレモン色をしたうっすら甘味の「エゾシカ・バンブー茶」!美味しいですよ。


<後日談>

上記の記事につき、旭川の森裕子さんから「母は煮魚とか、イカ飯とかにも下に敷いて使っていた」とのコメントを頂きました。

笹には、殺菌力があることをお母様はご存じだったのですね。そこで、思い出しました!昨年の秋のことです。大阪でケーキ店を営む知人から「北海道のクマザサを送ってもらえないか。ケーキを作ってみたいので」とお手紙が来たのです。勿論OK!「ハイ、ハイ」と早速、笹を採取し、送ったところ、後日、クマザサらしき美しい緑の層が埋め込まれたチーズケーキが届きました。目に眩しく華やかです。それに、美味しさも半端じゃなかった。ただ、その頃は、クマザサに大した興味もなかった私ですが、写真だけは撮ってあったので、ご参考までにご披露いたします。