鹿公園(安平町)で小鹿誕生!


撮影者:湯村晃尚美氏
撮影者:湯村晃尚美氏

先月、鹿公園を訪れました。飼育員の藤本氏(獣医師)から、「今月下旬に小鹿3頭が生まれる予定」との話を聞いていたので、生まれた小鹿を見たいと思い、6月23日に再び訪れたものです。幸運なことに、飼育員の中村氏(民生委員・会長)が餌やりをしていましたので、小1時間エゾシカについての話を聞くことができました。小鹿は6月4日に1頭生まれたそうです。性別はまだ分かっていません。



現在、同園には12頭のエゾシカがいます。雄が5頭、雌が7頭で、広いエゾシカ園を飛び回っていました。

生まれて3週間の小鹿は、大人たちに負けずに歩いていましたが、途中で一人小屋の中に入ってしまい、中からこちらを見ていました。疲れたのか、それとも警戒心からか?それは分かりません。


餌は干し草(オオチャード、チモシイーなど)が主ですが、他にもトライヤルやサツドラで、中村氏が自腹でにんじんやコッペパン、食パンなどを与えているそうです。そのため、背中やお腹、足の太ももは肉付きが良かったです(町の予算では足りないのかもしれません)。


繁殖期の10月から11月には、昨年も一昨年も、地位の高い雄(№1~3)の間で角を突き合わせる喧嘩があり、昨年は相手の角が腹に食い込んで出血し、そのエゾシカは死亡したとのこと。勝ったエゾシカが雌と交尾する権利を得るのだそうです。動物の世界は厳しいですね。 (エゾシカ倶楽部会員  法元盛信)